crescent,inc

文字サイズ
を大きくする
普通にする
小さくする
7月18日   大安

本日の月は

クレッセントは イメージ エンジニアリング の プロフェッショナル集団です。



東京スカイツリー、DOCOMO”5G Playあすをあそべ”にモーションベース!

2018年7月16日

DOCOMO様の5G体験スペース、東京スカイツリーの隣にある東京ソラマチ5Fの「PLAY 5G 明日をあそべ」で、
アバタを使った新しい通信コミュニケーションの例証として、SpaceFighterトレーニングプログラムが展示されています!

右側のインストラクタがアバタで左のお客様に飛び方を説明しています!

右側のインストラクタがアバタで左のお客様に飛び方を説明しています!

詳しくはこちら!
WTP2018パネル_クレッセント0515 (1)

“Final Judgement VR” to go !!

2017年11月10日

( introduction )
we are producing a completely new interactive experience using all our technologies. we believe this becomes the first experience beyond VR.
this experience is the hybrid but unique of three style of media, 360degree VR film, ride VR, and classic media such as live concert, theartre or musical. these are established by mainly three components:
– this is run by executed file and which give you interactive. so you are nt “watching” but you are completely inside the contnts as a participant.
– new sensitive-controllable motion-base gives you a real your “behave” in the scene.
-motioncapture, 4Dviews, facial capture technology and other latest CG technologies introduce you a real presence feeling in the drama.

our "Final judgement VR" becomes a new VR experience to audience.

our “Final judgement VR” becomes a completely new VR experience to audience.

(Story)
Japan is somehow very flexible or would be able to say “less faithful” to religion. we are not denying any gods so many religion of the gods are living peacefully in Japan…. so we usually say that “we are living under 8million of gods”. Also many literature is based on Buddhism and Christianity.
Now, myself and director, Toge’s, family background as a Christian and during chatting in the bar, we imagined what if Buddha and Jesus in the same area and judging one’s final judgment.
During our discussion we are influenced by the Bible, Hermann Hesse “Siddhartha”, KURATA Momozo “Shukketo sono Deshi”, AKUTAGAWA Ryuunosuke “Kumono Ito”, or Paulo Coelho ”Alchemist”.

(Artwork)
we Japan always say that “KOTODAMA”= Sprit of language, where once you tell the word and word go out from the mouth, the word itself has its soul and behave itself to make it happen. In this VR experience, what Buddha, Jesus or Lucifer says, it appears in the scene. the hell, wheel of samsara, Amidabha, or the Creation….

Wheel of Samsara CENTER

Wheel of Samra CENTER

wheel of samra "SHURA"

wheel of samsara “SHURA”

Wheel of Samura "GOKUDOU"

Wheel of Samusara “GOKUDOU”

( Technologies )
our new type of high presence VR experiences is consisted of three parts;

1) Motionbase
it is air compressor type but very powerful and quick motion you could experience. it is made by InJoy motion, our partner in Taiwan. we made our special chair base motionbase for our own contents.
two YouTube links are the contents we created as VR game.


2) Interactive runtime software Unity
we have made a lot of industrial VR contents as well as system integration for large automotive companies or shipbuilder. we visualize 3D CAD data to show you in front of you via HMD without loosing the feel of scale or even feel of air in car interior…

we are using these know-how for the purpose that you are going into the drama and yourself consist a part of the drama.
we precisely construct real 3D virtual environment and in this environment drama is happening in time series.
also runtime software give you the experience presence such as Jesus or Buddha is coming closer to you and finally go through your body….. which you never be able to experience by the VR film where you are just surrounded in 360 degree images.

3) Contents creation
we are using our own motioncapture and 4dviews studio, DIGI-CAST.

To make real presence VR experience, you have to construct real 3D virtual environment and let the CG characters live and act in this environment. this is the biggest difference from 3D VR film where you are just surrounded in 360degree video. ours are live together into this environment. to make happen, you have to bring all characters into the environment. to make it happen, we approached two methods; 4Dviews, 3d sequential scanning system ( for Jesus and Buddha ) and performance capture = motion capture with facial and finger capture ( Lucifer ).

http://test.crescentinc.co.jp/cresblog/wp-content/uploads/2017/04/cameraMove-2017-04-18-14-04-58-659.mp4?_=1
( 4dviews )

( Conclusion )
our around 8 minutes new interactive experience should bring you a completely new VR category.
we choose SXSW as the launch of this contents because SXSW is the coolest fes and has to be fitting each other….

thank you for reading my terrible English until the end…..

祝! 鳥取オフィス ”エレクトロ・センター” 開設!

2017年10月21日

以前より積極的に自社製品を開発してきましたが、市場の要求により一層”高速に””精度良く”応える為、
本格的に電気系のエンジニアリングに力を入れる必要が出てきました。
(実際は、優秀な情報系のエンジニアに半田持たせても・・・と言う事もあり…)
そこで、鳥取県のお誘いもあり、この度、鳥取にエレクトロニクスに注力した
研究開発、試作、量産を行えるチームを創設致します。

出雲、伯耆、因幡と続く神話の地、鳥取っす。ご存知、因幡の白兎と大国主大神

出雲、伯耆、因幡と続く神話の地、鳥取っす。ご存知、因幡の白兎と大国主大神

鳥取はかつて日本のエレクトロニクスをリードしてきた鳥取三洋が存在し、未だにそのサプライチェーンが地場産業として生きています。
ここで、基板設計、試作、量産、或いは、台湾と連携しての量産の技術基地として機能して行くことで、需要の高まるIoT系のモジュールを用いた製品を開発し、VR、AR、MRに積極的に接続する仕組みを構築して行きます。

威勢の割には実は空っぽな部屋です… これから先ず家具かいます…

威勢の割には実は空っぽな部屋です… これから先ず家具かいます… 水は出ます トイレすっごいキレイです。 雪が心配です。波は良いです… 

場所は、超ラッキーな事に、鳥取県産業技術センターのインキュベーションルームをお借りできました!
https://www.tiit.or.jp/
電子系に必要な検査機器がここにはすべて揃っています。試作品の試験や、製品化の認証前試験が一通り可能です! 既に、弊社のTVNシステムはここでEMI系のテストをガンガン行っています!

真南に1.5時間走った児島の3Dプリンタ工場からのガワをここでアッセンブリーもおこないます!

場所: 〒689-1112 鳥取市若葉台南7-1-1 鳥取県産業技術センター内 A-206号室
電話: これから
メール: 一様、info@crescentinc.co.jp
担当: 募集中

てなことで一様構想をぶち上げておきます…

一斉夏季休暇を頂戴します!(8月16日~18日)

2017年8月3日

酷暑とおもいきや、いきなり涼しい日が続きます。
なかなか体調調整しづらところですが、皆様、お元気でお過ごしでしょうか?

すっかり夏休みで人通りも少ない清澄白河界隈

すっかり夏休みで人通りも少ない清澄白河界隈

さて、以下日程にて弊社一斉夏季休暇を頂戴致します。

8月16日(水)~18日(金) 実質20(日)迄

尚、それに伴い、勝手ながら有給休暇消化推奨期間として
8月14(月)、15(火)もお休みを頂戴する社員が多くおります。

以上、期間中大変ご不便をお掛けすることもございますが、何卒ご容赦賜ります様、
切にお願い申し上げます。

尚、緊急時は、各担当へのメール(ないし、携帯)、或いは、info@crescentinc.co.jp に
ご連絡賜われれば、可及的速やかに対応申し上げます。

何卒宜しくお願い申し上げます。

店主謹啓

年末年始休業のお知らせ

2015年12月17日

拝啓 師走の候、皆様におかれましては、益々ご清祥の段、心よりお慶び申し上げます。平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、誠に勝手ながら、下記の日程において、年末年始休業とさせていただきます。
お客様、お取引業者様にはご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

なお、休業中に頂いた「お問い合わせ」、「カタログ請求」等につきましては、
1月4日(月)以降、順次対応させて頂きます。

来年も皆様にご満足頂ける様、邁進致す所存でございますので、何卒変わらぬお引き立てを賜ります様、お願い申し上げます。

敬具

– 記 –

・年末年始休業日:2015年12月26日(土)~2016年1月3日(日)

・営業再開日:2015年1月4日(月)

PAGE TOP