crescent,inc

文字サイズ
を大きくする
普通にする
小さくする
5月25日   先負

本日の月は

クレッセントは イメージ エンジニアリング の プロフェッショナル集団です。



現在地はホームの中の免責事項

免責事項

"www.crescentinc.co.jp”(以下「本サイト」)は、株式会社クレッセント(以下「クレッセント」)が、本サイトを利用される方(以下「利用者」)へクレッセントに関わる各種情報を提供すること(以下「サービス」)を目的としたWebサイトです。
“www.crescentinc.co.jp”利用規約(以下「本規約」)は、利用者が本サイトを利用されるにあたり適用される規則を以下に定めます。

[www.crescentinc.co.jp 利用規約]

  • 第1条(本サイトの利用)
  • 第2条(サービス提供)
  • 第3条(権利帰属)
  • 第4条(禁止行為)
  • 第5条(損害賠償)
  • 第6条(保証外事項)
  • 第7条(中断・中止)
  • 第8条(規約)
  • 第9条(準拠法・合意管轄)
  • 第10条(協議)
第1条(本サイトの利用)
  1. 利用者は、自己の責任において本サイトにアクセスし、サービス提供を受けることと致します。
  2. 利用者が本サイトを利用された場合、本規約の定めに同意されたものとみなします。
  3. 利用者は、クレッセントが本サイトの運営及びサービス提供において必要な指示を行った場合、直ちにこれに従うものと致します。
  4. 本規約以外に本サイト内の一部に適用する規定等(以下本規約を含め総称する場合「本規約等」といいます)を定める場合、当該規定等は本規約の一部を構成するものとし、当該規定等が本規約に抵触する内容を定めている場合、当該部分に関しては、当該規定が本規約に優先するものと致します。
第2条(サービス提供)
  1. 本サイトにおいてクレッセントが利用者に提供するサービスの内容は、クレッセントが決定するものとし、利用者の事前の承諾を得ることなく、内容の変更及び中断、中止できるものと致します。
  2. 本サイトにおいてクレッセントが利用者に提供する各種サービスの提供期間及び掲載、メール配信等による情報等の提供時期は、クレッセントが任意で定めるものと致します。
  3. 定期的に提供するサービスに関しては、提供時期を本サイト上に明示致しますが、クレッセントにおいて止むを得ない事由が発生した場合、明示した時期の提供を延期、中断、中止することができます。
第3条(権利帰属)
  1. 本サイト又は本サイトに関連して提供する各種サービスにおいて掲載及び配信する文字情報、画像、動画、音声等各種コンテンツは、クレッセント又はクレッセントに使用を許諾した第三者(以下クレッセントを含め総称して「権利者」)の著作物として、権利者に著作権が帰属しています。又、個々の著作物の集合体である各ページ自体も、編集著作物又はデータベースの著作物として、クレッセントに著作権が帰属しています。(以下総称して「各種著作物」)
  2. 利用者が、権利者の書面による事前承諾を得ることなく、各種著作物について複製、譲渡、貸与、翻訳、変更(改ざん)、転載、再利用又は第三者への使用承諾を行った場合、権利者の著作権その他の権利の侵害となり、法的責任を負うことになります。
第4条(禁止行為)
  1. クレッセントは、利用者が本サイトを利用するにあたり、下記行為を行うことを禁止致します。
    1. 本サイトにおいて使用する機器、機材、コンピュータシステム、コンピュータプログラム、データ若しくは本サイトのWebページを破壊又は改ざんする行為
    2. 有害なコンピュータプログラム等を送信又は書き込む行為
    3. クレッセント又は第三者を誹謗中傷する行為及びその信用、名誉を毀損する行為
    4. 本サイト及び本サイトに関連して提供する各種サービスの実施に支障を来す行為
    5. 法令及び本規約等に違反する行為又は違反のおそれがあるとみなされる行為
    6. 第3条に定める権利者の著作権その他の権利を侵害する行為
    7. 本項各号に定める行為を教唆、幇助、支援、助長又は喧伝する行為
    8. 本項各号に類する行為又は抵触するおそれがあるとクレッセントが認める行為
    9. その他公序良俗に反する又は本サイトの利用にあたり不適切であるとクレッセントが認める行為
  2. 利用者が前項に記載する行為を行った場合、クレッセントは、アクセス禁止、当該行為の差し止め請求、当該行為によって利用者が得た利益相当額の請求、損害賠償請求その他の措置を取るものと致します。
第5条(損害賠償)

利用者が故意若しくは過失によりクレッセント又は第三者に損害を与えた場合、当該利用者は、問題解決及び損害賠償の責を負うものとし、クレッセントは何ら責任を負わないものとします。

第6条(保証外事項)

クレッセントは、利用者がサービスを利用するにあたり、下記の事由による問題について保証しないものと致します。

  1. サービスが本サイトを利用する利用者の希望及び期待を満たすこと
  2. 本サイトの利用環境における動作の確実性及びセキュリティの確実性
  3. 本サイトの利用及びクレッセントのビジネスパートナーによるサービス提供によって発生する利用環境の不具合
  4. サービスに含まれる情報並びに本サイトのリンク先から得られる情報の正確性及び信頼性に関する一切の問題
  5. 本サイトへのアクセスや各種ファイル・ソフト・プラグイン等のダウンロードに起因する問題
  6. サービス提供の遅滞、内容変更、中断又は中止等による機会損失
  7. その他サービスの利用によって発生する一切の損害
  8. 第7条に定める中断又は中止による損害
第7条(中断・中止)

クレッセントは、下記事項に該当する場合、利用者に通知することなく本サイトの運営又はサービス提供を中断若しくは中止できるものと致します。

  1. 定期又は不定期に実施するシステム保守及び設備工事
  2. 停電、火災、天災、騒擾等による本サイトの運営又はサービス提供が不能となった場合
  3. その他運用上、技術上等の事由によりクレッセントがサービスの継続を困難と判断した場合
第8条(規約)
  1. クレッセントは、利用者の事前の承諾を得ることなく、クレッセントが適切と判断する方法で利用者に通知又は本サイトに掲載することにより、クレッセント及び利用者の権利義務、本サイトの中断、停止、終了その他本サイトに関する一切の事項について、本規約等を随時変更できるものとします。
  2. 前項の変更通知又は掲載後にサービスの提供を受けた利用者は、本規約等の変更に同意したものとみなします。
第9条(準拠法・合意管轄)

本規約等の準拠法は日本法とし、本規約等及びサービスに関連して発生した紛争については、東京地方裁判所を第一審専属管轄裁判所と致します。

第10条(協議)

クレッセント及び利用者は、本規約等に定めのない事項又は本規約等の解釈に疑義が生じた場合、信義誠実の原則に則って協議し、速やかに解決を図るものと致します。

PAGE TOP