crescent,inc

文字サイズ
を大きくする
普通にする
小さくする
4月12日   先負

本日の月は 新月です

クレッセントは イメージ エンジニアリング の プロフェッショナル集団です。



Multiverse 6.5リリース!

2020年9月8日

Multiverse65https://j-cube.jp/pdfs/multiverse_650_press_release_en.pdf?

J Cube 社は業界をリードするMaya用USDソリューションである、Multiverse|USDの最新バージョン6.5をリリースしました。
このバージョンでは、異なるDCCツール間でのデータのやり取りやレンダリング機能が含まれています。

最新機能:
– USDとMaya間でのオートシンク機能付きUSDインポーター
– Redshiftに対応したレンダリング、USD Asset Resolutionサポート
– USD v20.08対応
– 3Delight NSIによるHydraパストレーシングビューポート対応
– Python APIのアップデート
– Apple Metalの高度な実装

Mayaを始めとした、様々なツールに最適化されたMultiverseの
パイプラインの詳細はこちら:

https://j-cube.jp/solutions/multiverse/docs/pipeline/maya-pipeline.html

Shogun用 簡易かつ高精度での座標設定スクリプト

2020年8月21日

かねてからVicon社に要望していた機能をついに入手!!

残念ながら、Shogunの標準機能ではないですが、ViconサポートトップのBob Dimmock氏にスクリプトを書いてもらいました!!

3つのマーカーをエリアに配置してViconの座標を定義することで、10m、20mあるような大きなキャプチャエリアであっても、誰が作業しても、簡単・超高精度で座標の定義ができます。

SetOrigin3mkr

 

もう慎重にワンドを置いて座標を定義する必要はありません。キャプチャエリアがLフレームです。

ぜひ、お試しください。

Set_Origin_3markerスクリプト ダウンロード

 

お問い合わせはVicon@crescentinc.co.jpまで

 

FACEWARE STUDIO、メイン機能を一新!

2020年8月5日

img_facewarestudio

 
リアルタイムフェイシャルアニメーションプラットフォームFACEWARE STUDIOが次世代のリアルタイムフェイシャルトラッキングソフトウェアFACEWARE STUDIO(HORIZON)として一新しました!

一新したメイン機能は以下の3つです。

リアルタイムトラッキング – Improved from the Ground Up
● 新ヘッドマウントカメラ用トラッキングモデル (顎のディープラーニング演算の追加)
● 新固定カメラ用トラッキングモデル (顎のディープラーニング演算の追加)
● CPC・GPUの最適化による高FPSストリーム

ユーザーインターフェース – Seeing is Believing
● 3Dシーンでのフルアニメーションプレビュー
● カスタマイズ可能なインターフェース
● オリジナルのキャラクターリグでのアニメーションプレビュー

ストリーミング – Superior Animation Data
● Unity、Unreal、Motionbuilderへのストリーミング
● 改良されたストリーミングデータ
● 複数のコントロールソフトのサポート (Live 2.5, Studio, Apple ARkit)

また実装される新機能は以下となります。

〇モーションエフェクト – The Next Level of Animation Tuning
アニメーション結果を簡素化、拡張化しカスタマイズ/最適化可能な内部ツールセット
複雑なスクリプトなどの組み込み不要

〇パスファインダー – Your Personal Guide to Great Results
ワークフローガイドとステータスバーを兼ね備えた機能
リアルタイムトラッキング/ストリーミングの工程の中それぞれのステップのクオリティを視覚的に取得可能

〇クラウドベースログイン – Animate with Studio, Anywhere
面倒な特定のPCでのFaceware固定ライセンスのとはおさらばとなり、新規のクラウドベースログインシステムにより、複数のPCで簡単にスタジオのライセンスを使用可能

〇その他
その他にもStudio の拡張的な機能群には、強靭なトラッキング設定、収録されたビデオファイル入力、アニメーションチューニングプロファイルなどを実装

ホームページはこちら → https://www.crescentinc.co.jp/product/faceware/p_syosai/#sw_FacewareStudio

お問い合わせ先はこちら →  faceware@crescentinc.co.jp

Volumetricsストリーミングシステム”HoloStream”用 AWSサーバー完成!

2020年7月6日

HoloStreamは、ボリューメトリクスに特化した開発を行っているArcturus社が開発した、全く新しいボリューメトリクス専用ストリーミングシステムです。
クレッセントが扱う4DVIEWS, Tetaviなど多くのボリューメトリクスシステムのデータを変換して、Youtubeと同様、回線速度に応じてアダプティブにデータ容量を制御しながら、Android/iOSデバイスやWeb GLへのストリーミング出力が可能です。

クレッセントでは、このHoloStreamシステムを自社のAWSサーバーに構築を進めておりましたが、ついに6月中旬に完成致しました。
こちらのサーバーを使用すれば、ホームページ上でボリューメトリクスによる自由視点のカタログを追加やダウンロード無しのスムーズなボリューメトリクスアプリの開発といった仕組みが簡単に実現可能です。

ボリューメトリクスのストリーミング配信にご興味のある方は、info@crescentinc.co.jpまで。
是非お気軽にご連絡下さい!

https://holostream-demo-player-crescent.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/webplayer.html
※音が出ますのでご注意下さい。

Tetavi 製品ページがオープンしました。

2020年6月9日

tetavi_top1

世界中で今、最もホットな映像制作ツール。Volumetricsの最新テクノロジ、イスラエルのTetavi社の製品をクレッセントが扱うことになりました。
既に先行して取り扱いしているフランスの4DViewsと撮影方式が異なり、グリーンバックが不要、コンパクトな機材で持ち運びが可能です。

詳細はこちら → https://www.crescentinc.co.jp/product/tetavi/p_top/

PAGE TOP